旅とマイルと小さな幸せ

マイルとポイントでこつこつ得して海外旅行にいく話

厳選!海外のビーチリゾートランキング BEST5

こんにちは。
私たち家族は海外旅行といったら、もっぱら南国のビーチリゾートです。
せっかくの休みなので、海外にいったら日本語も聞こえてこない非日常の中、プールサイドでぼけーっとするのが最高に幸せです。
ということで、これまで訪れたビーチリゾートのおすすめランキングをご紹介します。

 

tarosu-k.hatenablog.com

<1位> 死ぬまでに一度はいってみたい!モルディブの1島1リゾート

moldive_hotel.jpg   なんといっても一番はモルディブ。日本から直行便がなく、シンガポールスリランカを経由して10時間以上フライトし、モルディブの首都があるマーレという小さな島に国際空港へ到着します。ここからが普通のリゾートとは違い、その先に点在する1島1リゾートといわれる各島へホテルのスピードボートなどで向かいます。 私たちは大体30-40分くらいだったでしょうか、ココパーム ボドゥヒティというリゾートに滞在しました。楽に1周できるほどの小さな島を占有するホテルで、極めつけは海上コテージです。浅瀬の上にたつコテージからは直接海へアクセス可能!静寂と見渡す限りの海に包まれる経験は一生に一度は経験してみても良いと思います。

 

 <2位> これぞアジアンリゾート!インドネシア・バリ島

f:id:tarosu-k:20170319163502j:plain 

ANAマイレージ提携しているガルーダインドネシア航空の直行便もあるインドネシア・バリ島。羽田からは8時間ほどのフライト。バリといえばウブドに代表される寺院や自然のイメージもありますが、観光客向けに政府主導で開発されたヌサドゥア地区は地区の入り口にセキュリティゲートが設置され、外資系の大型ホテルが建ち並び、レストラン・ショップが数多く入ったバリコレクションもあり、安全・便利な高級ビーチリゾートになっています。バリの良いところは、アジアンな雰囲気を十分に感じられ、最高級のリゾートでも比較的安価に宿泊できるため、非日常を味わうには最高です。インドネシア料理は日本人にはなじみが薄いですが、好みさえあえばそれも楽しみの1つといえると思います。

 

<3位> コスパ最高!タイ・プーケット

phuket.jpg 

こちらも日本からの直行便はありませんが、タイ・バンコク経由で合計8時間ほどでしょうか。スターアライアンスメンバーのタイ航空は子連れにやさしくおすすめです。タイの中でも欧州やオーストラリアからの観光客が多いプーケットはビーチリゾートと繁華街の両方を楽しめます。また、何よりタイ料理がおいしい!しかも非常に安い!中心街となるパトンビーチはややにぎやか過ぎますが、すこし離れたカタビーチ・カロンビーチに宿泊してトゥクトゥクで移動するのもプーケットの楽しみの一つです。 

 

<4位> 日本から最も近い南国!グアム

gaum.jpg 
グアムは東京からわずか4時間弱で行けるもっとも?近い南国といっていいと思います。4位にランクインしたのはやっぱりその近さがゆえです。しかし、グアムは空港・ホテル・繁華街が近接しており、昼間はホテルでプール、昼に食事にでかけて、午後は買い物、夜はまた食事に、という過ごし方も無理なくできます。アジアにくらべて物価は高いので滞在費はかかってしまいますが、土日をはさんで3泊くらいでのショートトリップには最適です。 

 

<5位> 近くて安い!フィリピン・セブ島

planntation_bay.jpg 
グアムと並んで非常に近いビーチリゾート・セブ島。成田からはフィリピン航空から直行便が出ており、4時間ちょっとで訪れることが可能です。

 

物価が非常に安く、レストランでしっかり食べても他のリゾートでは考えられないくらいの費用ですんでしまいます。

 

ただ、街中はヤギや野犬がうろうろし、治安はよろしくない印象なので、出歩くよりもリゾート内でぼけーっとするのが◎。

tarosu-k.hatenablog.com

tarosu-k.hatenablog.com

 以上、いかがでしたでしょうか?まだまだ世界にはビーチリゾートが数多くありますが、日本からの距離を考えるとこの5つがおすすめです。ご参考にいただければうれしいです。