読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とマイルと小さな幸せ

マイルとポイントでこつこつ得して海外旅行にいく話

【旅行記】セブ・プランテーションベイ 4泊5日 その2 食事編

tarosu-k.hatenablog.com

さて、ホテルに続いてホテル内の食事編です。
今回はホテル内で完結がテーマですので、食事もすべてホテル内のレストランにしました。

私たちはあまり朝食を食べないので、ランチとディナーをご紹介したいと思います。


プランテーションベイのレストランは4箇所です。

キリマンジャロカフェ(24時間営業 フィリピン料理・インターナショナル)
サバンナグリル (ハンバーガー・ホットドッグ)
フィジー(アジア料理中心)
パレルモ(タパス・パスタ)


今回はパレルモ以外にいきました。

パレルモは昨年の滞在時に利用しましたのでその時のレビューを書きたいと思います。

キリマンジャロカフェ
(24時間営業 フィリピン料理・インターナショナル)

f:id:tarosu-k:20170319181253j:image

このプール脇の建物がキリマンジャロカフェです。24時間年中無休です。

朝と昼はブッフェ形式で、朝は6:00-10:30で950ペソと結構高いです。

他の方のレビューでイマイチとも聞いていたので利用しませんでした。

お昼も同じくらいでブッフェをやっていますが、私たちはアラカルトでオーダーしました。

 f:id:tarosu-k:20170319181307j:imagef:id:tarosu-k:20170319181318j:imagef:id:tarosu-k:20170319181325j:image

スパゲッティマリナーラ、パンシット(フィリピン焼きそば)、シェフズサラダ


の3つが特に気に入って何度もリピートしてしまいました。
オープンエアーで子連れも過ごしやすい雰囲気です。

1つ1つの量がちょっと多めなので頼みすぎにはご注意ください。

 f:id:tarosu-k:20170319181341j:image

なお、写真に写っているフレンチフライはメニューに単品ではない(キッズメニューにフィッシュフライとのコンボがあり)のですが、お願いしたら出してくれました。

 

サバンナグリル (ハンバーガー・ホットドッグ)

ハンバーガー・ホットドッグが中心で、1種類ステーキもあるレストランです。

入り口の受付でオーダーをして着席すると運んできてくれるという仕組みで、ファストフード店のようなイメージです。(外のプールサイドのテーブルはオーダーを聞きにきてくれます)

 f:id:tarosu-k:20170319181358j:image

ここのハンバーガーが絶品で、前回も今回も「パワーハウスバーガー」を複数回食べました。

ハンバーガーやホットドッグには付け合せにポテトついてきますが、このフライドポテト・マッシュポテト・ベイクドポテト(だったと思います)から選ぶ必要があります。

個人的にはここのフライドポテト(フレンチフライ)が非常においしいと思います。付け合せでついてくるのに、追加で単品のフレンチフライをオーダーし、「付け合せについてるよ?」と店員さんに言われましたw

キリマンジャロカフェでも同じハンバーガーやフレンチフライがオーダーできますが、違いはあまりないはずですがこちらのほうが絶対においしいです。
定休日があるので注意。

フィジー (アジア料理中心)

我が家からは一番遠い場所にあったレストランなので前回も今回も1度ずつしか行きませんでした。

料理はナシゴレンなどのアジアンと韓国料理、和食などが混在です。

ナシゴレンを注文しましたが、すこしインドネシアの味付けと違ったように思います。付け合せのサテはおいしかったです。

あとはカラマリフライ、ガーリックライス、ガーリックプローン、フライドポテト(ここでもw)を頼みましたが、どれも普通かなーと思います。

量はキリマンジャロカフェに比べると少なめです。

 f:id:tarosu-k:20170319181416j:imagef:id:tarosu-k:20170319181440j:image

あと、このレストランは子供が泣いたり、騒いだりするとすぐに注意しにきます。ピアノ生演奏などもあり、落ち着いた雰囲気のレストランだからだと思います。

こちらも定休日ありです。

 

パレルモ (タパス・パスタ)


今回はいけませんでしたが、前回訪問時はディナーの3回中2回こちらを利用しました。

朝から夕方まではカフェになっていて、タパス・パスタは夜のみです。

今回は朝にコーヒーを2度ほどToGoしました。

このレストランの入り口横にキッズルームがあります。

f:id:tarosu-k:20170319181526j:imagef:id:tarosu-k:20170319181539j:image
フィジーよりも落ち着いた高級レストランの雰囲気で、店員さんの制服も素敵です。
料理も量は少なめですがどれを頼んでも美味しかったです。
タパスは1つ1つは小さめの料理なので、いくつか楽しめるようになっています。

雰囲気がそうなので、前回は子供がプールに疲れて眠った隙にベビーカーに乗せて、大人は食事という作戦で2回行きました。が、今回は娘がしぶとく、ディナーの時間も食べ終わるまではぎりぎり元気でしたので、パレルモは諦めました。

ただ、フィジーとは違って多少泣いても注意されるようなことはありませんでした。

こちらも定休日ありです。

 

以上、4つのレストランのご紹介でした。

ちなみに、どちらにいってもドリンクメニューは一緒でした。

【旅行記】セブ・プランテーションベイ 4泊5日 その1

前回の旅行から約半年、連休でもなんでもない3月の初旬に、土日に加え有給を3日取得して4泊5日のセブ旅行へ行って参りました。

 

セブは昨年2016年のGW以来2年連続2回目で、前回同様プランテーションベイにリピートしました。
今回は短期?かつ直行便の近場に絞り、当初はグアムを予定していましたが、セブの方がフライトもホテルも安かったので決めました。

 

子供も2歳でプール大好きなので、プール漬けかつホテル内で全て完結をテーマにプランテーションベイに決定しました。

シャングリラでもいいかと思いましたが、子連れはプランテーションベイが無難だと改めて思い直しました。

 


今回もフライトはフィリピン航空直接のブッキングで、ホテルはとらべるこで確認し最安値のHISで予約しました。
往路は成田発フィリピン航空PR435便9:10で、3列✖️2の小さな飛行機です。

 

3人席なので楽は楽ですがこの機材はエコノミー用のトイレが後方2つのみなので常に渋滞します。

あまり後ろ過ぎるとトイレに並びづらい(最後尾まで狭い通路を戻らねばならない)ので注意が必要です。

 


機内食は子供と大人で別のメニューを見せられ、先に子供用がきたのですが、なぜかお願いしたチキンとは違う大人と同じカレーが到着・・・
うちの娘はカレーが好きなのでそのまま食べましたが、、
大人は子供のカレーを摘んだのでポークに。写真はカレーっぽいですね。おいしかったです。

機内ビールは1本目はBrew kettle

f:id:tarosu-k:20170319181153j:image

このビールは初めてでしたがフルーティで美味しかったです。

前回フィリピン航空で出たビールがすべてCOLT45という7%のビールで悪酔いしてしまったので、今回は違うビールをと要望しましたが、最初の1本以外はCOLT45しかないと言われてしまいました。。ご注意ください。

f:id:tarosu-k:20170319180755j:image

 

セブ マクタン空港到着後、ホテルへはタクシーで移動を予定していました。

 

その前に、滞在中はホテルから出ないことを想定して事前にビールの買い込みを・・・

 

昨年末に入国後エリアにセブンイレブンができたとの情報もあり、そこを目指してまずは入国して外へ

 

・・・が、両替屋がいくつか税関を抜けた先にあるのですが、空港の扉をうっかり外へ出てしまうと中へ戻れず、両替屋が出発エリアに(遠回りして2階へ)いかないとないことに出た瞬間に気づくアクシデント。

 


中に戻りたいと扉の前の空港係員に申し出るが、敢え無く2階(出国エリア)へ案内され、そちらの両替屋へ。空港係員は、案内を断ったのですが、ぴったり荷物を持ったまま両替屋までマーク。
最後までチップは払わず逃げ切りました。
その後1階へ戻りセブンイレブンへ。

 

f:id:tarosu-k:20170319180829j:image

 

税関通過後、外へ出て右に抜けるとあります。
ここでビールを7本(サンミゲル)調達。表示価格は320mlの瓶で64ペソでしたが、レシートは47.5ペソくらいだったので何か見間違えているとおもいます。。(しかもなぜかサンミゲルは2行にレシートが分かれてます)
スーパーで買うよりは高いですがまあ良しとしました。

そしてこの後タクシーを拾おうと雑踏に戻ろうとしたとき、「プランテーションベイ?」と、プランテーションベイの看板を持ったおじさんがたまたま声を掛けてくれて、どうも送迎のおじさんだったようで無料で乗せて行ってくれました。

 


事前に英語メールをホテルに送っておけばよかったのですが、結果オーライです。
ちなみに帰りの送迎もあるか帰国前日にフロントで聞いたところ、予約できました。

 

フライトの時間を聞かれ、(朝8時のフライト)2時間前には到着したほうがいいから、5時半までに来てね、とのことでした。

 

プランテーションベイ滞在記


ではここからプランテーションベイのご紹介です。
プランテーションベイはセブ マクタン島のなかでも有数もリゾートホテルです。
なんといっても特徴的なのは広大な敷地と大きなプールです。こちらはメインの真水プールです。

f:id:tarosu-k:20170319180857j:image

これ以外に海水を引き込んだラグーンが敷地中央に広がり、その周囲に部屋やレストランなどの設備があります。

f:id:tarosu-k:20170319180932p:image

これが敷地のマップです。

1週約800mなので徒歩で十分まわれますが、カートを呼ぶことも可能です。

カートは手を上げて乗ることもできますが、客室から呼ぶか、建物の1階にある液晶画面の横にあるボタンを押すと来てくれるようです。

 

私たちの部屋は上に丸がかかれているPIAZZA PALERMOという名前の建物で、プールサイドルームのカテゴリーです。おすすめは1階です。

 

f:id:tarosu-k:20170319181006j:image
プール前のビーチベッドがなんとなーく1階の部屋専用のっぽくて2階の人が使いづらいのと、部屋からザブンがしやすいです。
今回はチェックインのときに1階をリクエストして変えてもらいました。

前回も同じ建物に宿泊したのですが、私たちはかなり気に入りました。ラグーンサイドルームなどは確かにラグーンへアクセスできるのですが、海水プールはあまり好みではなく、朝晩問わず部屋から直接ザブン!するにはプールサイドルームがよいです。(朝晩でも水温も高め)
朝や夜はこのプールでちょっと遊んだりシャワー代わりにして、本気で遊ぶときは中央の真水プールに行っていました。

こちらはマップの裏面の案内です。

 f:id:tarosu-k:20170319181023p:image

ここにもありますがお部屋の冷蔵庫には水しかありませんので、原則はルームサービスかレストランからToGoしてくることのなります。原則は。。

 

あと、週末は馬車も回っています。子供大喜び。

 

インターネットは無線LANがどこでもパスワードなしで繋がります。速度もまずます。

 


セキュリティ的にはアレですが、どこでもつながるのは結構優秀だなーと思いました。
動画も普通に見られました。
余談ですが、我が家はAmazonプライムビデオをプライム会員なので活用していますが、海外だと日本のコンテンツが見れないことを初めて知りました。子供の暇つぶしにしまじろうをと思っていたのですが・・・
ただ、いろいろ調べて見る方法を発見しました。
興味がある方がいれば今度ご紹介します。
さて、プランテーションベイを簡単に紹介しましたが、レストランなどは次回食事編でご紹介したいと思います。

tarosu-k.hatenablog.com

激得!Pontaポイントでローソンお試し引換券活用

tarosu-k.hatenablog.com

私が陸マイラーを始めたその裏で、妻はノーリスクコツコツ系のポイントをいろいろと調べ始めました。
そこで発見したのが
Pontaポイントでローソンお試し引換券をゲット

f:id:tarosu-k:20170319180128p:image
です。

これは何を言っているのかというと・・・

ローソンのポイントカードであるPontaカードで貯めたPontaポイントを利用

Pontポイントでお試し引換券をゲットする

お試し引換券でいろいろな商品を無料でゲット


できるという話です。これがとてつもなくお得なサービスで、我が家は毎月12,000円分ほどの商品をゲットしています。
我が家は私がお酒好き、妻と娘がお菓子好きなのですが、これらの嗜好品はほとんどお試し引換券でタダになっているほどです。
ではここから、何がもらえるか?どうやってポイントを貯めるか?どうやって引き換えるか?を順に解説していきます。
お試し引換券で何がもらえるの?


正しくいうとPontaポイントで何のお試し引換券がもらえるか?です。
お試し引換券でもらえる商品は飲料、お菓子、日用品、お酒、アイスクリームなど様々です。
常時同じ商品があるのではなく、

毎週火曜日・金曜日に商品が追加される

各商品には限定数が設定されており早い者勝ち


となっております。
例えば・・・
氷結ストロング 佐藤錦 500ml コンビニ限定商品
税込206円: 80Pontaポイント(2.57円/1Ponta)

f:id:tarosu-k:20170319180201j:image

プリングルス ハラペーニョ&オニオン
税込132円:40Pontaポイント(3.3円/1Ponta)
マルちゃん正麺旨コク豚骨醤油
税込216円:100Pontaポイント(2.16円/1Pontaポイント)
以上は一例ですが毎週このような商品が入れ替わりで登場します。


ローソンお試し引換券の商品一覧

今月の全商品|ローソン

ローソン店頭にお試し引換券の冊子もおいてあります。


お試し引換券というだけあって、新商品が多いのですが、そうでもないものもあり、コンビニ定価ではありますがPontaポイント当たりの単価は2~3倍となるので非常にお得です。
Pontaポイントとローソンさえあれば日々の嗜好品には困らないと言えます。

 

Pontaポイントの貯め方


お得なのはご理解いただけたかと思いますが、問題はPontaポイントってそんなに貯められるの?ということです。
通常、Pontaポイントはローソンでの購入金額100円(税抜)につき1ポイント付与されます。
ということは先ほどのプリングルスをもらうには40ポイントなので、ローソンで4000円購入することになります。
これでは大量にお試し引換券をいただくということにはなりません。
そこでいくつかの方法があります。


1.レビューノートのクチコミでポイントゲット(推奨)
2.JALマイルをPontaポイントへ交換
3.各種ポイントサイトからドットマネー・リクルートポイントを経由して交換

それではこの方法をそれぞれご説明します。

 

1.レビューノートのクチコミでポイントゲット(推奨)


これが最強です。リクルートのレビューノートというクチコミサイト(HOTPEPPERやじゃらん観光ガイド)にクチコミを投稿すると一定ポイントをもらえるキャンペーンがほぼ毎月あり、そこで荒稼ぎすることが可能です。
直近ではHOTPEPPERにクチコミを投稿すると1件あたり200Pontaポイントが付与され、上限は20件で最大4000Pontaポイントゲットできるという神案件がありました。

f:id:tarosu-k:20170319180247j:image

20件こなせば10,000円以上の価値になります。
ただし、もらえるポイントはPontaポイントに等価交換できるリクルートポイントや、Pontaポイントそのものなどその時々によって変わりますし、もらえるポイント数や条件も様々です。
このサイトではキャンペーン情報をお知らせしていきたいと思います。
なお、これまでのキャンペーンはこちらで確認ができます。
お知らせ一覧 | レビューノート

2.JALマイルをPontaポイントへ交換

陸マイラーANAマイルを貯める、というのが一般的だと思います。ただ、私もそうですが、JALに乗る機会がありJALマイルも少なからず貯まって、使いどころに悩むことがあります。そんな場合にJALマイルをPontaポイントに換えられるというのが、ANAマイラーにとって秀逸だと感じます。
3000マイル以上を0.5倍レートでPonta ポイントに交換できますが、
10,000マイル以上ではなんと等価交換になります。

 


JALマイルの使い道としては最適であり、これを知ってからはちょっとした出張は割り切ってJALに乗ってPontaを貯めることにしています。
個人的にはJALの方が好きですし・・・

 

3.各種ポイントサイトからドットマネー・リクルートポイントを経由して交換


これは最後の手段です。マイルを貯めるためにポイントを稼いでいる陸マイラーとしては、副業のPontaポイントに交換しては、元も子もありません。
しかしそれをしてしまいそうになる程、お試し引換券の威力は凄まじいです。
ではポイントからの最短ルートですが、
各種ポイントサイト→ドットマネー→リクルートポイント→Ponta ポイント

がベターです。
このルートは以前紹介した陸マイラーのはじめ方が参考になるかと思います。

tarosu-k.hatenablog.com

最後に、Pontaポイントを貯めるのであればPontaポイントカードが必携ですが、どうせならPontaのクレジットカードをハピタス経由でゲットして、ポイントも合わせて頂戴するのがいいですね!

 

陸マイラーのはじめ方

こんにちは。

 
私たち家族は年に2回、海外旅行にいくことを目標(ノルマ)にしています。
共働きで忙しい日々を続けていると、そのうち日常から脱走したくなり、それが持って半年というところです(笑)
 
最初は「AB ROAD」とか「Yahoo!トラベル」などで格安ツアーを見つけて申し込んでいましたが、そのうちに「とらべるこ」でツアーを探すのが手っ取り早いことに気づき、さらには「とらべるこ」でフライトとホテルを別々に取ったほうが安いし好きに組めるね、となって今では完全カスタムにしています。
 
そうなると、いかに安くフライトを購入できるか?というのがポイントになってきて、
そこで今まで食わず嫌いだった「陸マイラー」を目指すことになりました。
 
当初、陸マイラーの友人に手ほどきを受けるつもりでしたが、互いに時間があわないまま時間がすぎ、ためしに自分で調べてみようと思ってからが始まりでした。
インターネット上には十分すぎる情報があり、すぐに陸マイラーの仲間入りができました。
 
ただ、「年間30万マイル」とか、「21.6万マイル」とか目標が高すぎるため、
 
がんばらず、適当にやってとりあえず年1回はマイルで海外旅行にいこう
 
というのを目標にすることにしました。
 
調べていくと、陸マイラーをするのであれば、貯めるのはANAマイルが貯めやすいとのこと。
そこで始めたことは「ポイントサイトでポイントを貯めて、ANAマイルに交換する」なのですが、
実際に行ったのは、大きくたったの2つです。
 

1.ソラチカカードを作る

 
sorachika.gif 
これはどこのサイトを見ても解説されているので説明不要ですが、
ポイントサイトのポイントをもっとも良いレートでANAマイルに交換するために、このソラチカカードが必要になります。
ソラチカの名前の通り「ソラ=ANA」と「チカ=地下=東京メトロ」のコラボレーションカードです。
 
各種ポイントサイト→メトロポイント(東京メトロ独自ポイント)→ANAマイル
ルートを選べばほぼロスなく(10%)交換することができます。
 

 2.ポイントサイトの案件をこなす

 
ポイントサイトとは、クレジットカードの新規申し込みや、各種サービスの新規申し込みをすることでポイントを獲得できるサイトです。そのポイントが以下の図の通りANAマイルに交換することができます。これらの案件は無料のものも多く、各会社が新規顧客獲得のためにコストを負担しているため、ポイントが得られるという仕組みになります。
 
ポイントサイトはいくつもありますが、そのうち私は以下からはじめました。
それぞれ色がありますので、暇なときに見比べてよさそうな案件をこなしています。
 
ハピタス:通販サイトの種類が多く、FX口座案件等が時々おいしい
モッピー:資料請求案件が時々おいしい
ドットマネー:クレジットカード案件の条件が時々良い+他2サイトからメトロポイントへの経由地として最適
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト 
dotmoney.png
 
point.jpg 
主に以下の判断基準で、条件にあえばやっておこうというくらいにしています。
 
クレジットカード(10,000ポイント以上のものがあれば)
FX口座開設(15,000ポイント以上のものがあれば)
資料請求(1,000ポイント以上のものがあれば)
 
細かいものは動画ストリーミングサービスの1ヶ月無料数百ポイント!とか、そういうノーリスクのものだけちょこちょこやっています。
カードは月2枚くらいなら毎月やっても大丈夫、とか、できるものは根こそぎやる方が多いようですし、リスクがないことはわかっていますが、長く続けるためにちょっとずつ、やっています。
 
これだけで3-4ヶ月でバリへの特典航空券をゲットすることができました。
このペースでも年2回は海外にマイルで行けそうですね。
 

 

厳選!海外のビーチリゾートランキング BEST5

こんにちは。
私たち家族は海外旅行といったら、もっぱら南国のビーチリゾートです。
せっかくの休みなので、海外にいったら日本語も聞こえてこない非日常の中、プールサイドでぼけーっとするのが最高に幸せです。
ということで、これまで訪れたビーチリゾートのおすすめランキングをご紹介します。

 

tarosu-k.hatenablog.com

<1位> 死ぬまでに一度はいってみたい!モルディブの1島1リゾート

moldive_hotel.jpg   なんといっても一番はモルディブ。日本から直行便がなく、シンガポールスリランカを経由して10時間以上フライトし、モルディブの首都があるマーレという小さな島に国際空港へ到着します。ここからが普通のリゾートとは違い、その先に点在する1島1リゾートといわれる各島へホテルのスピードボートなどで向かいます。 私たちは大体30-40分くらいだったでしょうか、ココパーム ボドゥヒティというリゾートに滞在しました。楽に1周できるほどの小さな島を占有するホテルで、極めつけは海上コテージです。浅瀬の上にたつコテージからは直接海へアクセス可能!静寂と見渡す限りの海に包まれる経験は一生に一度は経験してみても良いと思います。

 

 <2位> これぞアジアンリゾート!インドネシア・バリ島

f:id:tarosu-k:20170319163502j:plain 

ANAマイレージ提携しているガルーダインドネシア航空の直行便もあるインドネシア・バリ島。羽田からは8時間ほどのフライト。バリといえばウブドに代表される寺院や自然のイメージもありますが、観光客向けに政府主導で開発されたヌサドゥア地区は地区の入り口にセキュリティゲートが設置され、外資系の大型ホテルが建ち並び、レストラン・ショップが数多く入ったバリコレクションもあり、安全・便利な高級ビーチリゾートになっています。バリの良いところは、アジアンな雰囲気を十分に感じられ、最高級のリゾートでも比較的安価に宿泊できるため、非日常を味わうには最高です。インドネシア料理は日本人にはなじみが薄いですが、好みさえあえばそれも楽しみの1つといえると思います。

 

<3位> コスパ最高!タイ・プーケット

phuket.jpg 

こちらも日本からの直行便はありませんが、タイ・バンコク経由で合計8時間ほどでしょうか。スターアライアンスメンバーのタイ航空は子連れにやさしくおすすめです。タイの中でも欧州やオーストラリアからの観光客が多いプーケットはビーチリゾートと繁華街の両方を楽しめます。また、何よりタイ料理がおいしい!しかも非常に安い!中心街となるパトンビーチはややにぎやか過ぎますが、すこし離れたカタビーチ・カロンビーチに宿泊してトゥクトゥクで移動するのもプーケットの楽しみの一つです。 

 

<4位> 日本から最も近い南国!グアム

gaum.jpg 
グアムは東京からわずか4時間弱で行けるもっとも?近い南国といっていいと思います。4位にランクインしたのはやっぱりその近さがゆえです。しかし、グアムは空港・ホテル・繁華街が近接しており、昼間はホテルでプール、昼に食事にでかけて、午後は買い物、夜はまた食事に、という過ごし方も無理なくできます。アジアにくらべて物価は高いので滞在費はかかってしまいますが、土日をはさんで3泊くらいでのショートトリップには最適です。 

 

<5位> 近くて安い!フィリピン・セブ島

planntation_bay.jpg 
グアムと並んで非常に近いビーチリゾート・セブ島。成田からはフィリピン航空から直行便が出ており、4時間ちょっとで訪れることが可能です。

 

物価が非常に安く、レストランでしっかり食べても他のリゾートでは考えられないくらいの費用ですんでしまいます。

 

ただ、街中はヤギや野犬がうろうろし、治安はよろしくない印象なので、出歩くよりもリゾート内でぼけーっとするのが◎。

tarosu-k.hatenablog.com

tarosu-k.hatenablog.com

 以上、いかがでしたでしょうか?まだまだ世界にはビーチリゾートが数多くありますが、日本からの距離を考えるとこの5つがおすすめです。ご参考にいただければうれしいです。